借地権の買取や売却


男性相続した借地権をどうするかでお悩みの方はかなり多くいらっしゃいます。大抵の場合、相続した借地に建っている建物は老朽化していているケースが多く、相続人は使用する予定のない土地や建物の処分に迫られます。中には、地主から地代や更新料の値上げを提示され、金銭的に維持していけないという理由から売却を検討されている方もいらっしゃいます。また、一方では、借地権の買取りを地主に依頼したところ、解体費を請求され、解体費が捻出できないことから、やむなく借り続けているという方もいます。通常の遺産相続とは違い、借地権の相続は相続人の負担になるケースが多いのが実情です

そこで、かなりの相続人が相続を機に借地権を手離すことを検討されます。借地権を手離す場合、借地権を地主に無償で返還する、借地権を地主に買取って貰う、第三者に借地権を売却する、価格買取に精通している不動産会社に売却するといった方法が挙げられますが、いずれにしても、地主と交渉や協議などを行う必要があります。また、通常の不動産とは違い、借地権のような特殊な不動産は買い手がつきにくい上、売買するに当たって、トラブルに発展することも多く見られます。その上、相続した借地権の場合、権利関係が複雑なため個人で行うにはハードルが高すぎます。しかしながら、相続した借地権は利用するにしても、手離すにしてもそれ相応の措置をとる必要があります。相続した借地権で悩まれている方は、どんな方法がベストなのかを見極めるためにも、専門的な知識が豊富な専門家に相談することから始めましょう。このサイトでは、相続した借地権の今後について分かりやすく解説します。