Monthly Archives: 6月 2018

底地取扱店に相談

借地権を売却する際に相談すべき専門家と聞いて、大抵の方が一般的な不動産仲介業者を想像されることと思います。確かに、土地や建物の売買に精通している専門家であるため、一見妥当だと考えられるでしょう。しかしながら、借地権の売買には地主との遣り取りが必須で、相続した借地権の場合、相続人が複数名いるなど、権利関係が複雑なケースが多いことから、慎重に取り扱う必要があります。

相談そのため、相続した借地権の売却には豊富な知識と実績を持つ底地取扱店に相談するのが賢明です。実際、借地権に精通していない不動産屋に依頼して、地主とトラブルになったケースは数多く見られます。また、地主とトラブルになると、最悪な場合、裁判まで発展し、借地権が消失することも考えられます。借地権の売却は地主との良好な関係なしには成り立たないのです。

その点、底地取扱店であれば、専門的な知識もある上、地主とのやり取りにも慣れています。そもそも、不動産会社にも戸建ての建築やマンションの賃貸や売買など、得意とする分野がそれぞれで違います。また、名義書換え料や抵当権が付いていれば抵当権の解除費用など、借地権の売却には何かとお金がかかります。リスクを避け、出来る限りいい条件で借地権を売却するためには、借地権の売買に精通している不動産会社である底地取扱店を探すことが大切です。

相続した借地権の売却

土地借地権の相続には人間関係も絡んでくるため、親族間や地主とのトラブルで悩まれる相続人がたくさんいらっしゃいます。また、相続した建物は老朽化している可能性が高く、管理面などで悩まれる方が多いのが現状です。このことから、借地権を相続した時点で売却を検討される相続人がたくさんいます。では、相続した借地権を売却する際、相続人にとってベストな方法とはどんな方法なのでしょうか?

借地権の売却は専門家に依頼するのが一番いい方法です。実は、相続した借地権を売却する際には、相続登記や税務申告、地主との間での名義書換手続きなど、さまざまな手続きが必要になります。例えば、第三者に借地権を売却する場合、現在の借地権者と借地権の購入を検討中の方、地主との間で、契約内容や購入条件を擦り合わせする必要があります。専門知識のない相続人がするにはリスクが高く、トラブルの元にもなり兼ねません。

また、売却方法には第三者に売却する以外、地主に買取してもらう方法や地主と協力して借地権と底地をセットで売却する方法がありますが、第三者への売却には、他の2つの方法では必要のない名義書換料(譲渡承諾料)の支払いが発生します。借地権を売却する場合、知識がなければ、余計な費用がかかるといったリスクもありますし、かなりの時間と手間も要します。また、売却には法律や税務などが複雑に絡み合っているため、知識や経験が乏しい借地権者にとって地主との交渉は困難です。だからこそ、借地権の売却には専門知識と経験が豊富な専門家に任せるべきなのです。

借地権の相続

借地権を相続する際にすべきことが明確に分かる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?実は、一般的な土地や建物の相続とは異なる借地権の相続は、相続した際にすべきことについて分かってない人の方が圧倒的に多いというのが現状です。実際のところは、借地権を相続する際にすべきことは意外と少なく、地主に相続人を通告し、借地契約の書き換えを行うだけでいいのです

建設中そもそも、借地権とは第三者に地代を支払うことで土地を借り、その土地に個人の建物を建てることができる権利のことを指します。そして、借地権の相続とは、先に述べた権利と借りている土地に建っている建物を相続するということを意味します。基本的に、借地権者が亡くなられた場合、借地上に建てられている建物は、通常の遺産相続と同様に、法定相続人が所有することが借地借家法によって認められてます。また、これに伴い、借地権も法定相続人へと移転されます。なお、借地権の相続は、民法896条の規定により、地主への承諾を必要としません。これは、地主が代替わりしていても同様です。また、承諾料や名義書換料といった支払いも一切発生しません。

ただし、贈与や売買などによる借地権の移転の場合や借地権の名義と借地上にある建物の名義が異なる場合などは対処が異なります。また、借地権の種類によって存続期間が異なり契約満了後は土地を返還する必要がありますので、契約内容を確認しておくことが大切です。このように、条件次第では承諾料などの支払いが発生したり、借地権によっては土地の返還が必要だったりしますが、借地権の相続だけの場合は、内容証明を使うなどして地主に対して相続人を通告すること、借地契約を相続人に書き換えること、この2点だけで手続きは完了します。つづいて相続した借地権の売却について紹介していきます。

借地権の買取や売却

男性相続した借地権をどうするかでお悩みの方はかなり多くいらっしゃいます。大抵の場合、相続した借地に建っている建物は老朽化していているケースが多く、相続人は使用する予定のない土地や建物の処分に迫られます。中には、地主から地代や更新料の値上げを提示され、金銭的に維持していけないという理由から売却を検討されている方もいらっしゃいます。また、一方では、借地権の買取りを地主に依頼したところ、解体費を請求され、解体費が捻出できないことから、やむなく借り続けているという方もいます。通常の遺産相続とは違い、借地権の相続は相続人の負担になるケースが多いのが実情です

そこで、かなりの相続人が相続を機に借地権を手離すことを検討されます。借地権を手離す場合、借地権を地主に無償で返還する、借地権を地主に買取って貰う、第三者に借地権を売却する、価格買取に精通している不動産会社に売却するといった方法が挙げられますが、いずれにしても、地主と交渉や協議などを行う必要があります。また、通常の不動産とは違い、借地権のような特殊な不動産は買い手がつきにくい上、売買するに当たって、トラブルに発展することも多く見られます。その上、相続した借地権の場合、権利関係が複雑なため個人で行うにはハードルが高すぎます。しかしながら、相続した借地権は利用するにしても、手離すにしてもそれ相応の措置をとる必要があります。相続した借地権で悩まれている方は、どんな方法がベストなのかを見極めるためにも、専門的な知識が豊富な専門家に相談することから始めましょう。このサイトでは、相続した借地権の今後について分かりやすく解説します。