底地取扱店に相談


借地権を売却する際に相談すべき専門家と聞いて、大抵の方が一般的な不動産仲介業者を想像されることと思います。確かに、土地や建物の売買に精通している専門家であるため、一見妥当だと考えられるでしょう。しかしながら、借地権の売買には地主との遣り取りが必須で、相続した借地権の場合、相続人が複数名いるなど、権利関係が複雑なケースが多いことから、慎重に取り扱う必要があります。

相談そのため、相続した借地権の売却には豊富な知識と実績を持つ底地取扱店に相談するのが賢明です。実際、借地権に精通していない不動産屋に依頼して、地主とトラブルになったケースは数多く見られます。また、地主とトラブルになると、最悪な場合、裁判まで発展し、借地権が消失することも考えられます。借地権の売却は地主との良好な関係なしには成り立たないのです。

その点、底地取扱店であれば、専門的な知識もある上、地主とのやり取りにも慣れています。そもそも、不動産会社にも戸建ての建築やマンションの賃貸や売買など、得意とする分野がそれぞれで違います。また、名義書換え料や抵当権が付いていれば抵当権の解除費用など、借地権の売却には何かとお金がかかります。リスクを避け、出来る限りいい条件で借地権を売却するためには、借地権の売買に精通している不動産会社である底地取扱店を探すことが大切です。